法定後見について

任意後見」が、ご自身が元気なうちに結ぶ契約であるのに対して、「法定後見」とは、認知症等で判断能力が失われた(又は、不十分になった)ときに使われる制度です。法定後見は、被後見人となる方の判断能力に応じて「後見」「保佐」「補助」の三段階に分けられます。

成年後見人となった者は、ご本人の利益のために

  • ①財産管理
  • ②ホームや病院との契約等生活のサポート

上記を行い、また代理権、同意権、取消権等の強い権限を有します。

当事務所のサービス

申立て段階での代行を行います。その際、当事務所の弁護士を後見人候補者として頂くことも可能です(選任された場合の月額報酬は家庭裁判所が決めます)。

料金体系

家庭裁判所への後見申立て代行

成功報酬は不要です。

お問い合わせ

地図・アクセス方法

外岡さんに聞いてみよう!

マスメディア関連

全国対応 顧問契約 お気軽にお問い合わせ下さい。

一般社団法人介護トラブル調整センターてるかいご

代表 外岡 潤 おかげさまブログ