代表弁護士外岡が、以下のような講演・セミナーをご提供します。

  • 介護事業者向け
  • 一般市民向け

1.介護事業者・経営者関連、その他業界団体向け

不毛な裁判を予防する第一歩は、「経営者から現場まで、組織全体としての意識の変革」から。すぐに現場で使える「いいとこ取り」の核心的なメソッドをご提供します。

現場職員向けのリスクマネジメントセミナー 規模小 (90~120分枠)

介護現場で起きる転倒・誤嚥等の事故を発端とするトラブルについて、実際に起きた事件や裁判例をもとに解説、効果的な予防策をお伝えします。

  • ⅰ リスクヘッジは「契約書の説明」から始まる
  • ⅱ 日々の記録は主観と客観を分けて
  • ⅲ 「いざ事故が起きたらすべき最低限のこと」のマニュアル
  • ⅳ 「誠意」とはそもそも何か?

その他事故にまつわるトラブル以外にも、以下のテーマでご依頼を受けることも可能です。

  • ・月額利用料の未払い(いわゆる未収金問題)
  • ・ケアマネージャーが直面する特有の問題について
  • ・現場職員の言葉づかいなどの接遇研修
  • ・契約書の説明、記録の付け方等の個別テーマ
  • ・就業規則の見直しで労働問題を未然に防止

医療業界からのご依頼も承ります。料金体系等は別になりますので、一度ご相談ください。

講師料

 現場職員向けのリスクマネジメントセミナー 規模大 (180~360分枠)

やってみよう「謝罪訓練」

ほぼ半日かけて「本番」に即した形式でトラブルを体験し、弁護士がつきっきりでコーチします。

火事や地震に備えた「避難訓練」も大事ですが、発生確率からいえば介護事故への対処法も是非訓練しておくべき。現場の職員は一度「謝罪訓練」を経験することで、自信と度胸がつき、利用者の思いも理解でき、安心して目の前の業務に打ち込めるようになるでしょう。

実際に起きた介護トラブルを参考にしたサンプル事例を用意し、聴講生の方に、事故を起こし怪我をした利用者のご家族、それに対応する職員の役になり、シナリオに沿ってトラブル解決を体験して頂きます(ロールプレイ)。

ポイントごとに「監督」である講師がストップをかけ、この対応でよいか、もっと適切な言葉遣いや行動は無いかなどの問題提起をします。「いかに裁判を回避しご家族に誠意を伝え納得して頂くか」をテーマに、弁護士が懇切丁寧にご指導します。聴講生全員で意見を出し合いながら、施設オリジナルの「危機対応マニュアル」を創り上げていきます。

講師料

2.一般市民向け(NPO団体や地域包括の市民向けセミナー、介護家族の会など)

遺言、相続、後見制度、介護施設選び…高齢者が直面する問題、落とし穴について、マジックショーや日舞などを挟みながら分かりやすく解説します。数名から100名超のホールまで、規模は様々に対応できます。テーマ設定はご希望に応じ基本的に何でも対応致します。

セミナーの内容

【例】(1) 後見制度について

後見人とは、いわば「人生のツアーガイド」。後悔しない、自分に合ったガイドさんを選びましょう。
成年後見制度の仕組みから市民後見まで、分かりやすくご説明します。

(2) 遺言の書き方、遺産分割等

(3) 老人ホーム・介護事業所の選び方

「よい施設」とはそもそも何か?外岡流で言いますと、「誠実な施設」となります。目先の値段や施設の外観、「スタッフの表面的な笑顔」だけで判断しない心構えをお伝えします。

(4) 事前に知っておきたい介護トラブル

本当にあった酷い介護事故、施設職員の誠意ない対応など、実際に起きた事例をご紹介。新聞やニュース番組では決して取り上げられない、けれど最も「身近な」落とし穴を指摘します。

(5) その他、上記のアラカルト的セミナー(「老後の安心セミナー」)

※いずれの場合も、ご希望があれば間に普段施設等で演じているマジックショーを挟むことも可能です。規模によっては若干の追加料金を頂く場合が御座います。
(講師料の目安)
市民向けセミナーは大抵の場合、市区町村などの公的機関や非営利団体からとなりますので、いずれの場合でも、先方様のご予算の範囲内で結構です。

講師料

地図・アクセス方法

外岡さんに聞いてみよう!

マスメディア関連

全国対応 顧問契約 お気軽にお問い合わせ下さい。

一般社団法人介護トラブル調整センターてるかいご

代表 外岡 潤 おかげさまブログ